横浜市内及び近郊で霊園を探す方法

横浜の霊園を選ぶ場合、まずは購入条件を確認すると良いでしょう。購入条件は墓地ごとに異なっていますが、まずは宗教や宗派を確認することが大切です。現在の自身の宗教や宗派のままで良い墓地などもあります。しかし、そのままでは購入できないこともありますし、その場合は改宗する必要があるのです。特に日本古来の仏教以外の宗教や宗派などを信仰している場合、購入できる墓地は少なくなってしまいます。その場合は宗旨や宗派を問わない墓地の中名から探すようになるでしょう。横浜には宗旨・宗派不問のところや宗派不問のところもありますが、改宗が必要なところもあるということで。先祖供養で大切なことはお墓参りをするということであり、その墓地への通いやすさもポイントです。

霊園を選ぶ時に大切なアクセスについて

横浜でせっかく良いお墓を建てても交通アクセスが不便な場合、なかなかお墓参りに行けないかもしれません。お参りに行けないとお墓の魅力も半減してしまいますし、自宅から通いやすい墓地を選んだ方は良いでしょう。電車でお参りに行く場合は駅からかかる時間も確認しておくことポイントです。墓地を購入する時には永代使用料や管理費などがかかってきます。また、新規でお寺などに改宗して墓地を購入する場合、料金がかかることも知っておきましょう。墓地を購入したらお墓を建てるための費用も必要となります。最近では永代供養塔などが登場していますが、この場合はお墓を建てるために費用はかかりません。しかし、永代供養料は必要となりますし、しっかり確認してから選んでいくと良いでしょう。

お墓についての決まりも確認する

霊園によっていろいろな事情がありますし、お墓の形や寸法に決まりがあることもあります。特に民営の墓地だと施工業者の指定がありますし、事前に確認しておくと良いでしょう。墓地を購入するということは永代使用権を購入するということであり、子孫や末代までの買い物となります。また、先祖様を供養する大切な場所でもあるため、総合的に検討して慎重に選ぶようにしましょう。民営の墓地は宗派自由で遺骨が無い人でも利用することができます。規模や立地、環境などを選べるので人気が高いです。寺院墓地は寺院が管理・運営しており、寺院の境内にある墓地となっています。葬儀や法事にお寺の本堂などを利用できますし、供養や読経の相談なども気軽にできることがメリットです。公営の墓地は都道府県や市町村などの地方公共団体が経営しており、宗派が自由であることや管理費の安さなどが人気となっています。

今までの霊園と違い、石材店や霊園の管理もすべて一社で行うのでもしもの時も安心。 お墓の販売後も管理事務所に留まり、法事や葬儀など仏事全般をサポートします。 21ヶ所霊園を手がけています。 総合ペット霊園「合掌の郷ペットメモリアルガーデン」。 霊園選びをサポートする霊園見学チェックリストが、無料でダウンロードできます。 なかなかお墓参りに来られないご遺族さまに変わり、お墓参りや清掃の代行も行います 横浜で霊園のことならご相談ください